Fukushima Creative Craft Academy

Fukushima CreativeCraft Academy とは

目的

  • 県内伝統工芸・地場産業の担い手が、デザイン・マーケティング・ブランディング等に関わる知識を習得し、販売力を強化する。
  • 本アカデミーをきっかけに、県内の各産地の連携を図りながら、若手が参入しやすい環境をつくる。

対象

県内の伝統工芸・地場産業の従事者・事業者・組合員等
県内の伝統工芸・地場産業の担い手を目指す者

校長とプロデューサーについて

研修スケジュール

ふくしまクリエイティブクラフトアカデミー校長コシノジュンコ 氏

1978年から22年間パリコレクション参加。以降、世界各地でショーを開催。国際的な文化交流に力を入れる。オペラやブロードウェイミュージカルの舞台衣装、JOC セカンドエンブレム等を手掛ける他、国内被災地への復興支援活動も行っている。2025年日本国際博覧会協会 シニアアドバイザー、文化庁「日本博」企画委員、文化功労者。2021年フランス政府より「レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ」受章。近著「コシノジュンコ56の大丈夫」(世界文化社)。平成28年度より福島県と伝統工芸のブランド「FUKUSHIMA PRIDE by JUNKOKOSHINO」を発表。和紙や会津木綿など多くの伝統的工芸品をデザインしている。

研修スケジュール

ふくしまクリエイティブクラフトアカデミー総合プロデューサー
シンクシンク株式会社 代表取締役
川又俊明 氏

早稲田大学卒業後、デザインの運動体「DESIGN ASSOCIATION NPO」にて、15年に渡り統括プロデューサーを務め、数々のクリエイティブ・プロジェクトを企画プロデュース。ロンドン、ミラノ、パリ等における海外展示会も手がけ、日本のクリエイティブを発信してきた。独立後、日本全国のモノづくりを日本へ世界へ羽ばたかせるために、様々な地場でのプロデュース活動に力を注いでいる。JETRO「TAKUMI NEXT」メンター、LEXUS NEW TAKUMI PROJECT サポートメンバー。

2021のアカデミーについて

※2021年度の募集は終了いたしました

テーマ

「W i t h コロナ」「アフターコロナ」時代の”ものづくり”を学ぶ
「Withコロナ」に適応し、今後訪れる「アフターコロナ」社会にどのように向き合っていくか、
専門家の講義や商品開発を通して、これからの”ものづくり”を学びます。

コース・カリキュラム

ターゲット、テーマ別に2コースを設定し、専門家の講義と
商品開発のワークショップの2構成・全5回の講座。

コース

研修スケジュール 研修スケジュール

カリキュラム

研修スケジュール

講座の内容

専門家の講義

オンライン販売やSNSマーケティングの発展性など、ビジネスに直結する講義。
各講義のテーマごとに専門の講師を迎えて開催。

商品開発ワークショップ

受講生のプレゼンに対して、川又氏がアドバイスするとともに、受講生同士で意見交換をしながら、
自ら考える実践力を取得する商品開発ワークショップ。

講義について

2021年度の全5回の講義についてはこちら

受講者名簿・開発商品

受講生と開発商品についてご紹介
2021年度は19名の受講生が参加しました。
Aコース『空間お家時間を楽しむプロダクト』 8名
Bコース『身につけるもの・纏うもの』 11名

ECサイトでのテスト販売

アカデミーを通して開発した商品をECサイトでテスト販売しています。

過去の開発商品と参加者一覧

ふくしまクリエイティブクラフトアカデミーInstagram

受講生自身でプレゼン力・情報発信力の強化のため、自社ブランドの世界観や
アカデミーの様子などをInstagramで発信しています。